ホーム > 静岡県道路公社 > 道路公社概要

静岡県道路公社概要

上記PDFファイルを見るためには、Adobe社のAdobe Reader (アドビリーダー)が必要です。 ダウンロードはこちらから(無償) Get Adobe Reader なお、OSがMac OS Xの場合、標準搭載のPreview(プレビュー)でも閲覧できます。

公社沿革

昭和34年12月24日 財団法人「静岡県道路公社」が誕生(設立登記) 昭和39年10月1日 一般自動車道「伊豆スカイライン」全線開通 昭和46年 4月1日 地方道路公社法に基づく「静岡県道路公社」として組織変更 平成15年 4月1日 静岡県土地開発公社、静岡県住宅供給公社と統合した静岡県地域整備センターの設立に伴う組織変更 当公社は、静岡県及び周辺地域において、通行料金又は利用料金を徴収することができる道路等の新設、改築、維持、修繕その他の管理を行なうことにより、地方的な幹線道路の整備を促進し交通の円滑化を図り、住民福祉の増進と産業経済の発展に寄与することを目的としています。 このために公社の行なう事業は主に次のようなものです。
(1)一般有料道路事業
道路整備特別措置法(昭和31年法律第7号)に基づき、現在4道路の維持管理を行っています。
(2)一般自動車道事業
道路運送法(昭和26年法律第183号)に基づき、現在2道路の維持管理を行っています。
(3)高架下施設事業
国道1号道路占用許可を受けて高架下駐車場を維持管理しています