ホーム > お知らせ一覧 > お知らせ

一覧を見る

災害派遣等に係る車両の料金取扱いについて(更新)

2019.10.17

被災地の自治体等の要請により、被災地支援等を目的とする次の車両について、有料道路の通行料金を無料としています。

1 対象となる災害及び措置期間

令和元年8月九州豪雨災害に伴う災害救助等のために使用する車両(令和元年9月3日~11月30日)…佐賀県

令和元年台風15号による災害に伴う災害派遣等従事車両(令和元年9月18日~10月31日)…千葉県

令和元年台風19号による災害に伴う災害派遣等従事車両(令和元年10月15日以降~10月31日)…長野県、福島県、栃木県、静岡県、宮城県、栃木県、東京都

2 対象車両

(1)自治体等からの要請により、被災者の避難又は被災した県市町村の災害対策本部(物資集積所を含む)への救援物資等を輸送するための車両

(2)自治体等からの要請により、被災者の復旧・復興にあたるための物資、人員等を輸送するための車両

(3)自治体等が災害救助のために使用する車両

(4)災害ボランティア活動であって、被災した自治体等が要請・受入承認したもののために使用する車両

3 料金所の通行方法

(1)自治体等が発行した「災害派遣等従事車両証明書」を料金所に提出して下さい。

(2)対象車両(4)の災害ボランティア活動関係車両については、高速道路会社のホームページからダウンロードした「ボランティア車両証明書」もご利用いただけます。

「ボランティア車両証明書」をご利用いただく場合は、次の点にご注意ください。

・当公社の管理道路は高速道路のネットワーク外となりますので、証明書中、「利用する道路名及びIC名」の入口ICか出口ICのいずれかの道路名に当公社管理道路が含まれる経路としてください。

…例えば、復路出口ICに、道路名「東名高速道路」、IC名「沼津IC」と記載する場合、高速退出時に沼津ICで証明書が回収され、伊豆中央道を利用しようとしても、証明書がお客様のお手元になく、無料通行ができなくなるといったことが想定されます。証明書の記載方法は、高速道路会社様にお問い合わせください。

【令和元年台風19号に伴う災害復旧のために静岡県へボランティア活動にお越しいただく皆様へ】

中日本高速道路(株)(NEXCO中日本)のホームページから「ボランティア車両証明書」をダウンロードいただきますと、出口IC・入口ICに「伊豆中央道と修善寺道路が追加されていますので、是非ご活用ください。(10/18頃~の予定)

・料金所係員に「ボランティア車両証明書」をご提示ください。内容確認印を押印の上、お返しいたします。

ただし、出口ICに指定いただいている場合は、証明書を回収することとなりますので、伊豆中央道通過時に西伊豆町に向かうために修善寺道路まで御利用の方は、「修善寺道路も利用します」とお声掛けいただけると、幸いです。

・「ボランティア車両証明書」と併せて、ご本人様確認のため、公的証明書(運転免許証等)の提示をお願いします。

・ボランティア終了後に災害ボランティアセンターで活動確認印が必要となります。活動確認印が無いものについては、無料措置を適用することが出来ません。

4 その他

この対応は緊急的な措置であるため内容を変更する場合があります。

~被災地の1日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。~

(令和元年10月17日)