遠州大橋

有料道路「新掛塚橋」は、磐田市掛塚から浜松市三新町を結ぶ国道150号バイパスの延長1.2kmの有料道路で、建設費は117億円、平成元年に開通し、1級河川天竜川の最も下流に架かる887mの道路橋は遠州大橋とも呼ばれ、地元から親しまれています。

トラック等大型車の利用が多い産業用道路ですが、付近には、日本三大砂丘の中田島砂丘、竜洋海洋公園、オートキャンプ場、竜洋町昆虫自然観察公園など家族で楽しめるスポットがあり、観光目的の利用にも便利です。特に、オートキャンプ場は贅沢なコテージ、トレーラーハウスでの滞在などいろいろな楽しみ方を選べます。また、キャンプサイトから少し歩けば雄大な天竜川河口から、見渡す限りつづく遠州灘の海岸線を一望でき、景観は抜群です。

料金表はこちら

写真

磐田市方面を望む
2009年6月16日撮影

写真

磐田市方面を望む
2009年6月16日撮影

写真

遠州大橋から浜松方向を望む
2008年3月4日撮影

写真

料金所から御前崎方向を望む
2008年3月4日撮影

写真

料金所を望む
2015年10月22日撮影