はまゆう大橋

有料道路「浜名湖新橋」は浜松市白洲町から古人見町を結ぶ1.3kmの有料道路で、建設費は114億円、平成16年3月に開通し、この庄内半島で開催された「浜名湖花博」会場へのアクセス道路としての役割も担いました。

 浜名湖の庄内半島に架かる最も新しい橋で、古人見町側に設置された料金所西側の休憩所からは浜名湖やガーデンパークなどが一望でき、運がよければ美しい夕日も見ることができます。

 なお、この橋は、平成16年に土木学会から橋梁の優れた業績に対して送られる田中賞という賞を受賞しています。

料金表はこちら

写真

浜松市街地方面を望む
2009年6月16日撮影

写真

庄内半島を望む
2008年11月6日撮影

写真

はまゆう大橋と夕焼け
2008年11月5日撮影

写真

料金所駐車場から庄内半島を望む
2008年10月16日撮影

写真

料金所より浜松市街地方向を望む
2008年6月6日撮影

写真

料金所を望む
2015年4月27日撮影