お知らせ
NEWS

  • 2020.12.14
    その他
  • 令和3年7月 ネットワーク型ETCの技術を活用したキャッシュレス決済(ETC多目的利用サービス)を、伊豆中央道と修善寺道路に導入します。

    静岡県道路公社では、お客様へのサービス水準の向上や新型コロナウイルス等の感染症対策を推進するため、「伊豆中央道」(江間料金所)及び「修善寺道路」(大仁料金所並びに修善寺料金所)で、ネットワーク型ETC設置工事を発注、非接触の料金徴収を可能とする「ETC多目的利用サービス」を導入します。

    現在、令和3年7月からの運用開始を目指し、円滑な導入と運用に向けた関係機関との協議を行っており、ご利用方法ほかの導入の内容については、後日、改めて公表します。

    ・ネットワーク型ETCと、このネットワーク型ETCの技術を活用する「ETC多目的利用サービス」については、国土交通省のホームページ(https://www.mlit.go.jp/road/yuryo/etc/service.html)をご参照ください。

    お知らせ一覧